SIGMA DP2 Merrill

ついに手元にきましたあ。DP2 Merrill このコンパクトカメラなにがすごいかって。。。

まあ合理的というか知的というか。。GEARとしてゆるい思想が入ってないんですね。

4600万画素のセンサーですが、フォビオンは3層で色を作り出しますので実質的な解像力はその1/3の約1500万画素。かんたんにいえばRGBそれぞれをモノトーンとしてとらえている。だからカラーフィルターが不要。ローパスフィルターもデモザイク画像処理も不要。いままでデジカメの困ったちゃんの要因がすべていらなくなったわけです。
このMerrillと呼ばれる新世代センサーは従来センサーの3倍の解像力を持つものです。振動するミラーがなく一眼レフのマウントにしばられない専用レンズを持つDP2 Merrillはまさにこの新世代センサーを生かすことのできるカメラと言えます。

しかし、大切なのはここから。。まず手ぶれ補正が無い。。。これだけのCCDをもって補正が無い?そうです。ここも今まで必要ないデジ処理だったわけです。そのうえISO800くらいまでの実用域。これって。。。RICOH GR degital の登場に似ている。要するに三脚使おうがなにしようがきちんと固定して撮影しろってことです。そこに関しては撮影者の問題ですから!と突き放した厳しさが久々にフィルムカメラを手にしたような緊張感があります。で、今日はここまでここまで!

Contact us