edyのブログにあそびにきてね。。。。

☆☆☆ブログ全体が見れます。タイトルをクリックして下さい。

2012年

8月

01日

SIGMA DP1 Merrill その2

八仙堂さんのフードを付けてみました。

これライカっぽくて素敵。

フルメタルのエアガンの質感に負けてないMerrill

 

しかし今日の一番はカメラの下に付けてるSteakPodです。

これはなにかというと僕のような三脚がないと小さくて軽いカメラであればあるほど、

写真撮れないびびりのためのお手軽だけど

すごーく機能的なモノです。

 

使い方は次回に。。。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

22日

SIGMA DP2 Merrill

ついに手元にきましたあ。DP2 Merrill このコンパクトカメラなにがすごいかって。。。

まあ合理的というか知的というか。。GEARとしてゆるい思想が入ってないんですね。

4600万画素のセンサーですが、フォビオンは3層で色を作り出しますので実質的な解像力はその1/3の約1500万画素。かんたんにいえばRGBそれぞれをモノトーンとしてとらえている。だからカラーフィルターが不要。ローパスフィルターもデモザイク画像処理も不要。いままでデジカメの困ったちゃんの要因がすべていらなくなったわけです。
このMerrillと呼ばれる新世代センサーは従来センサーの3倍の解像力を持つものです。振動するミラーがなく一眼レフのマウントにしばられない専用レンズを持つDP2 Merrillはまさにこの新世代センサーを生かすことのできるカメラと言えます。

しかし、大切なのはここから。。まず手ぶれ補正が無い。。。これだけのCCDをもって補正が無い?そうです。ここも今まで必要ないデジ処理だったわけです。そのうえISO800くらいまでの実用域。これって。。。RICOH GR degital の登場に似ている。要するに三脚使おうがなにしようがきちんと固定して撮影しろってことです。そこに関しては撮影者の問題ですから!と突き放した厳しさが久々にフィルムカメラを手にしたような緊張感があります。で、今日はここまでここまで!

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

01日

Blackmagic Cinema Camera

久しぶりにブログです。元々、CFの演出家をやっていましたので、ことカメラの話しは好物で、とくにムービー関係は大好物です。とくにcanon 5DmarkⅡのフルサイズシネ(結局フィルムではなくビデオじゃないかというむきに一言、ムービーのレンズなんて本当に本数少なかったんだ。確かに本物のアリーツアィスレンズやパナのレンズが使えるからっていっても広角は無いし。ズームなんて。。。。こんなに暗くちゃオプティカル前提じゃないと画がつながらないじゃないか!それに24Pで撮影できるここちよさ。制作してる感が撮影中から編集中、初号と高まるではないか)からずっと私たち庶民のところに下りてきたからたまらない。ところが。。。。。

突然シネマカメラを発表したBlackmagic Design社。Blackmagicと聞いてピンと来る人は必ず映像業界の中の人だろう。そうでない人にはほとんど聞きなじみのない社名だと思う。Blackmagicは編集関連のパソコン用インプットアウトプットデバイスの開発会社、通常のバリバリ業務機と比べて破格の値段で商品を出し続け人気を得てきたオーストラリアの会社だ。そんな会社が何の前触れもなくシネマ用ビデオカメラを発表し、世界が驚いた。

その値段、25万7800円!!!やすい〜!!


 ここの社長さんが書かれた文章です。なかなか真をついている。


In fact, it really was a simple as a camera could be. A box, with a screen, a sensor and a lens mount. It doesn’t get more basic than that does it ?

Everything else can be added…if you want…or you can go simple and naked.

事実、カメラを最もシンプルにするとこうなるんだろうと。箱と、モニタと、センサーと、レンズマウント、以上!これよりベーシックにはなれないだろ?他のすべては後から自由に自分で付け加える。もしシンプルで行きたいならこのままでもいい。

It’s worth mentioning who I think will love this camera. In a way, this is not a camera for DOP’s and working cinematographers like me. This is a camera for the masses. This is a camera for everyone that’s bought a canon 5Dmk2 or a GH2 and wanted more than what a “consumer” camera can do. This is a camera for those that can’t afford a scarlet or EPIC or a C300.

このカメラは誰のためのカメラかと僕が思うかを述べておくといいと思う。ある意味、このカメラは僕のような撮影監督として仕事をしている人が使うカメラじゃない。もっとマス向けのカメラだ。5D Mark IIやGH2を買って使っていて、そういうコンシューマー向けカメラでは飽き足らない人が買うべきカメラだ。だけどEPICやC300は高くて手が出ない人だ。

 

長くなるので。。。後は実写機を。。。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

18日

カナダからの自転車

Shadow-bike

カナダの電動バイク、電動アシスト自転車メーカーのデイマック Daymakが、Shadow Ebikeという、画期的な電動バイクを開発しました。あくまでもアシスト自転車。前輪にしこまれたインホィール・モーターが、若干大きめの350Wで最大500Wとかなり強力です。一応リミッターがついているとのことですが、最大速度時速38km(リミッターは32km/h)航続巡航距離は、ペダルアシストでは35-40km。私の事務所は北九州の戸畑ですから、源平合戦で有名な関門海峡の九州の入り口にあたる門司港駅くらいの距離でしょうか。必要十分です。またShadow Ebikeのなにが画期的かというとそのスタイルでしょう。電動自転車はいままでママチャリの独壇場でしたから。ちょうどクロスバイクとマウンテンバイクの中間ぐらいですね。これなら大抵のラフなコースも走れます。

 

そして実は私がこの商品を知ったのは「しなやかな研究会」という代替えエネルギーを個人や家庭からの目線で考えている貴重なブログから。

http://greenpost.way-nifty.com/sinaken/2011/03/daymak-shadow-e.html

よかったら、時々寄ってみてください。

時事ネタも入るベクトルが違うとこんなにわかりやすい。良い例です。

2 コメント

2012年

3月

31日

いよいよKindleが、、、Amazon

米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)は現地時間2012年3月27日、タッチスクリーンを備えた電子書籍端末「Kindle Touch」を世界に向けて出荷すると発表した。(日経新聞より抜粋)いよいよKindleです。昨年11月に発表して1ヶ月で販売部数を軽く塗り替えてiPadを打ち負かしたモンスターです。一般的には販売価が1万円程度だから一般消費者が買いやすくなった。ということが定説になっているが実はそれだけではない。第一日本にも2万円を切るタブレットは昨年すでに登場している。googleのAndroid系OS、samsungのタブレットだ。現時点では1万円を切って販売している。これでは安いから売れたという市場分析は疑問だ。さて、ここでAndroid系OSが持つ問題点をあげてみよう。iPadを追い越すためgoogleはとても単純に合理的戦略を簡単に打ち出した。ソフトの開発である。サードパーティ、個人と構わずソフトを自由に開発させて安価にネットマーケットで販売させた。これによりAndoroid系スマートフォン、タブレットは爆発的な伸びを見せ、壊滅的なトラブルを抱え込んでしまう。ソフト間の相性の悪さでOSが恐ろしく遅くなったり、フリーズしたり。特に日本語版ではビット数の問題からそれらが顕著だ。それに対してMacのiSOはソフトの登録に規範をもうけ、販売は基本的にiTunesだけである。これによってスムーズな操作が可能だ。デザイン的にもしかり。これは会社のあり方にもはっきりしている。広告収入が基本のgoogleとソフトの会社であるMacの違いがはっきり出たと言うべきだろう。さて、AmazonのKindleはどうなのだろうか?といいながら予約していた「新しいiPad」が明日わが家に到着するのでこの続きはまた明日。

0 コメント

2012年

3月

29日

スマートフォンのWIFI設定 8.8.8.8..........

最近話題になっているスマートフォンの爆速設定。

いろいろなサイトが紹介していますが、とてもわかりやすいリンク先。

http://businesspress.blog40.fc2.com/blog-entry-446.html

わたしもやってみての印象は、、、、最近のWIFI環境がとても良いので

体感速度はあまりどうかな。。。といった感じです。「129.250.35.250」も同様。

しかし、これはもっと別の意味合いがあるんです。

この設定をするドメインネットサーバーDNSが混雑時の隠しナンバーとしてです。

かんたんにいえば忘年会シーズンである年末のタクシー会社の隠し電話番号。

でも今回のことでDNSを理解するきっかけになったことの方が good job !

で、下記のリンクもぜひご覧になって下さい。

http://matome.naver.jp/odai/2130666916335073201

 

0 コメント

2012年

3月

29日

BIGLOBEクラウドホスティングブロガーイベント

ブロガーとビジネスの繋がり
ブロガーとビジネスの繋がり

http://agilemedia.jp/blog/2012/03/biglobe.html

もともとコンシューマ(消費者)向けのサービスに徹底していただけに狙い所のバランスがGood !わたしもbiglobeのIDは持っています。弊社は地方都市なものでOCNがインフラの整備が早いこと、わたしの親方日の丸根性で、会社も自宅もOCNにプロバイダー変更、銀行の通帳を眺めながら以前使っていた(ダイヤルアップ時)biglobeの引き落としが続いているのを発見。あれ?まだ停止にしていなかったか?と連絡を取ろうとしていた時、まさにbiglobeから自宅に電話が掛かってきた。「最近、弊社をあまり使われていないようでしたのでお電話差し上げました」という内容。ブロードバンドが必要なこと。ISDN回線を変更したのでちょうどお断りをしようと思っていた。。。とわたし。メールだけでもいいのでbiglobeをお使い下さい。料金は月額500円(2012年、現在はもう少し安くなりました)という返答でした。ここで注目していただきたいのは当時(2006年)そんなサービスをしていたプロバイダーがココ以外皆無だったことです。まさに1コインでメールサービスしてるんだと。たしかにタダで使えるyahooメールやgmailが始まっていたのですが、こうしてプロバイダーと電話でやりとりできるところがコンシューマー向けなんだなぁと妙に感心しました。

特に今回のイベントはブロガー向けのイベントをしてビジネスに向けてクラウドサービスを再構築していこうとしている。NECという会社はやはりあなどれない。

0 コメント

Contact us